当研究室では、糖尿病の動物モデル、和牛など日本固有の資源動物、トキやコウノトリなどの希少動物を対象として、分子遺伝学と統計遺伝学を基盤として最新のオミクスやシステム生物学的アプローチを駆使することにより、質的・量的形質の遺伝・発現メカニズムの解明、資源動物の遺伝的評価・育種改良・保全法の確立、希少動物の保護と増殖などに関する研究を進めています。

学部生・大学院生 募集中!

研究に興味があれば出身大学、学部、学年は問いません。研究室をのぞきに来てください。 下記のリンク先では教員紹介、研究・教育の方針、具体的な研究テーマを記載しています。(教員紹介、研究・教育の方針、具体的な研究テーマについて)

リンク集